給料や請求

利用者の請求書

介護請求ソフトを導入することで、最も大きな業務を効率化することができる点として利用者の請求書を作成することができるという点です。
利用者の請求書を作成してくれるため、自分達で作成する手間を省くことができます。
自分達で作成することになると、利用者が活用した介護情報を1つずつ調べる必要があり、調べた後に利用したことを合計して請求書を作らないといけません。
そうなると、利用者にとっても請求書ができるまで長い間待つというデメリットができます。
請求書を作成している経営側も作る作業に大きく時間を掛けてしまうことになり、他の作業を行なう時間が少なくなってしまうというデメリットがおきます。
上記のような問題がおこるため、介護請求ソフトを導入することはとてもメリットになることと言えます。

領収書も作れる

介護請求ソフトの機能を利用することで、領収書の作成を行なうことも可能です。
利用者の中には領収書を必要とする人もいます。領収書は請求書と違うため作りが変わることがあります。
また、領収書を作成する時には請求書も同時に作成する必要があることもあり、手間が増えてしまいます。
ですが、介護請求ソフトを導入することでシステムが領収書の作成と請求書の作成を行なってくれるため、短時間で作成することができます。
そのため、作成することに業務時間を大幅に取られるという心配をする必要がありません。

ネットから伝送する

介護請求ソフトから国保連合会に給付管理表や介護給付明細書を伝送することができます。
上記の機能も介護請求ソフトにはあるため、自分たちで国保連合会に情報を送るという手間を省くことができます。
介護請求ソフトからネットワークに繋ぐことで、国保連合会に伝送することができるため通常よりも送る手間を省くことができると言えます。